INTRODUCTION
はじめに

 

Research in SLA has focused on several issues concerning the learner and the learning processes. Research and theory in SLA has clear implications for the instructor and instruction. What are the main real world applications of second language theory and second language research? 

SLA(第二言語習得)の研究は、学習者や学習の習得過程など様々なテーマに関して行われてきました。その結果SLA研究や理論は教師にたいして、また教授法について確かな示唆を示してきました。では、第二言語理論や研究の実際への応用とはどのようなものなのでしょうか。

What about Grammar Instruction?
文法指導とは何か

Over the last thirty years empirical research on the effects of grammar instruction has offered clear insights on how learners process and acquire grammar. Findings from research have caused a dramatic shift from traditional grammar-oriented to more communicative grammar-oriented approaches. This shift has meant a change in the way grammar is taught in the language classroom. In traditional instruction, grammar is provided through paradigmatic explanations of the grammatical rules followed by mechanical practice (drills) to ensure learners develop accuracy in using the target feature. Classroom-based research in SLA has demonstrated that traditional instruction does not foster acquisition. The most important issue for instructors is not whether or not, they should teach grammar, but rather how and what they should teach.

過去30年の間、文法指導の効果に関する実証的な研究は、学習者がどのような過程を経て学習していくのか、どのように文法を習得するのかなどについて確かな洞察を提供してきました。研究から導き出された知見は、伝統的な(構造主義的な)文法志向の教授法から、もっとコミュニカティブな文法指導アプローチへとドラマティックなシフトを促しました。このシフトは、語学の教室現場でどのように文法を教えたらよいかという教授法の大きな変化を意味しました。伝統的な教授法では、文法の規則の語形変化をおさえ、模範となる典型的なポイントを重視するような(paradigmaticな)説明によって導入され、機械的な練習(ドリル)で目標言語としての正確さを促すような指導が行われてきました。しかし、教室内指導を中心としたSLA研究では、そのような伝統的教授法では習得は促進されないということを明らかにしました。指導者にとっては、文法を教えるべきか否かということではなく、どのように何を教えたらよいか、ということが重要になってきたのです。

In Japanese the way grammar is taught is still very traditional. The grammar translation method is widely used to teach foreign languages in Japan.  Most books used in the United Kingdom to teach Japanese as a foreign language, approach the teaching of grammar in a very traditional way (paradigmatic explanations of linguistic structures and grammatical principles in learners L1 followed by pattern practice and substitution drills). Real life situations are completely ignored and practice is implemented in a completely decontextualised way. 

日本では文法教育は依然としてかなり伝統的(構造主義的)であると言わざるを得ません。文法訳読法が日本の外国語教育の現場では広く行われていることを否定できません。英国内で使用されている外国語としての日本語教育のテキストを見ても、そのほとんどの文法の教え方はかなり伝統的です(つまり、言語構造の説明と文法構造を学習者の第一言語(L1)と比較しながらパターン練習と代入ドリルなどを駆使して行うことが中心となっているといったことです)。

Grammar instruction should be incorporated grammar in a more communicative framework of language teaching by devising tasks that enhance the grammatical features in the input. The more researchers learn about what learners do with input and how they do it, the closer they come to understanding the possibilities of instructional effects. Grammar instruction should aim at manipulating the input L2 learners receive by enhancing the grammar in the text. 

文法教育は、それぞれの文法項目の特長をインプットとして強調することを工夫したタスクを通して、コミュニカティブな枠組みの中で導入するべきです。研究者は、学習者がインプットの何をどのように理解するのかを知れば知るほど、教授法の効果についての理解を深めています。文法教育は、テキストの中の文法項目を強調することにより、学習者が受けるインプットを操作できるようにするということを目的とすべきであると言えます。