Concluding remarks
まとめ

We must say that there is not one particular type of grammar instruction approach better than others. However, we must emphasize again that effective types of grammar instruction share a common and essential ingredient: input. In order to develop effective grammar tasks, instructors should ensure that input is manipulated so to facilitate input processing and grammar acquisition. Learners should be encouraged to make accurate form-meaning mappings. Grammar tasks should focus on both form and meaning and output practice should follow input practice. Very important is to use a variety an eclectic approach to grammar instruction. One size does not fit all!

文法指導のアプローチには、他よりベターな、ただ一つのやり方があるわけではないと言わなければなりません。しかし、効果的な文法教授法には共通の基本的な要素、インプットがあるということはここで再度強調したいと思います。効果的な文法タスクを開発するためには、教師はインプットをうまく操作し、インプットの処理がより容易に行われ、文法習得がうまくいくようにしなければなりません。学習者には正確な形式と意味の対応付け(マッピング)が促されます。文法タスクは、形式と意味の両方に焦点が当てられなければならないので、アウトプット練習はインプット練習のあとに行わなければなりません。文法教育で大切なのは、さまざまな取捨選択のアプローチを使うことであると言えるでしょう。一つのやり方がすべてに当てはまることはないのです!