Input Enhancement
インプット強化

Grammar tasks can be devised in a way that, on the one hand, enhance the grammatical features in the input, and on the other, provide L2 learners with opportunities to focus on meaning.

文法タスクを作るときは、インプットの中で文法項目の特徴を強調することに加えて、L2(第二言語)学習者が、意味についても注目する機会を持てるように工夫する必要があります。

Scholars in second-language acquisition have agreed that L2 learners must be exposed to input, and that input must be comprehensible and meaning-bearing in order to facilitate L2 acquisition. L2 learners need support in order to process forms successfully in the input.

第二言語習得理論の研究者は、L2学習者にはインプットが与えられなければならない、そしてそのインプットは理解可能で、L2習得を助けるために意味のあるものでなければいけないと言っています。L2学習者は、インプットを通してうまく言語形式を形成できるようなサポートが必要なのです。

Learners must first notice a form in the input before that form can be processed. Given the importance of ‘noticing’ a form in the input, the question is: how can we best facilitate the noticing of a certain form in the input?

学習者はまず形を自分で作る前に、インプットの中にある形に気付く、あるいは認識しなければなりません。インプットの中にある形に気付くことが重要なのですが、ではそのインプットの中のある形に気付かせやすくするにはどうしたらよいのでしょうか。

Input enhancement is an approach to grammar instruction through which input is made more noticeable to the L2 learner. Input enhancement techniques help teachers to expose learners to comprehensible input and positive evidence while at the same time drawing the learner’s attention to some linguistic properties of the target language.

インプット強化とは、インプットを通して学習者に、より見える形で文法を教える方法(アプローチ)です。このインプット強化のテクニックは、教師が学習者に対して目標言語の言語的な部分に気付かせながら、理解可能で明確な形でのインプットを与えることを可能にします。

The target form is enhanced by visually altering its appearance in the text (italics, bold or underlined, for example). Oral input enhancement can also be provided by using special stress, intonation and gestures in spoken input.

目標言語は、斜体や太字、下線などで視覚的に強調させることができます。口頭インプットであれば、アクセントやイントネーション、ゼスチャーなどで強調することができます。

Designing input enhancement tasks involve following these guidelines (see Wong 2005 ):

インプット強化のタスクは次のようなガイドラインに従って作成されます。(Wong 2005を参照 )

1) Determine the role that the enhancement will play in a lesson (e.g. noticing purposes)
2) Choose a form based on a clear form?meaning relationship
3) Choose a text that it is appropriate to the level of your students
4) Consider the frequency of exposure
5) Drawing learners’ attention to form within a meaningful context (use typographical cues such as bold and italic to draw learners’ attention to grammatical forms and provide meaning-bearing input)
6) Keep meaning in focus
7) Do not provide any metalinguistic explanation.

1) レッスンの中のどの部分を強化するのか決める(例:何に気付かせるのか)
2) 形と意味がはっきりした関係にある文法形式を選ぶ
3) 学習者のレベルにあった表現形式を選ぶ
4) どの程度の頻度で提示するか考える
5) 意味のある脈略(コンテクスト)の中での形に注目させる(文法形式は太字などの文字強調を使い、意味のある脈略の中で学習者に注目させる)
6) 意味を中心に据える
7) 文法そのものを説明するようなことはしない