1.3. Input enhancement–Input flood
インプット強化―インプットフラッド(インプット洪水)

A different technique which Sharwood-Smith ( 1991, 1993 ) has proposed would be to modify a text so that a particular target item would appear repeatedly, so that the text will contain many more examples of the same feature (input flood).

シャーウッド-スミス(1991)の提案する別の方法は、文字テキストを工夫して目標文法形式が何度も現れるようにすることによってたくさんの例に触れられるようにすることです(インプット洪水とよばれます)。⇒Task1.3

In input flood the input learners receive is saturated with the form that we hope learners will notice and possibly acquire. We do not usually highlight the form in any way to drawn attention to it nor do we tell learners to pay attention to the form. We merely saturate the input with the form. When we design input flood activities we should follow the following guidelines:

インプット洪水では、学習者の受けるインプットは、学習者が気付き、習得できるような形式にどっぷり浸からせるようにする。このとき、学習者の注意が特に形式に向くようなことを強調することはしないし、学習者に対し形に注意するようにとも言わない。インプットを形式漬けにするようなことはほとんどしない。インプット洪水の活動をさせるには、次のようなガイドラインに従うとよい。

1) Grammatical tasks using input flood should either be used in written or oral input;
2) The input learners receive must be modified so that it contains many instances of the same form/structure;
3) Input flood must be meaningful and learners must be doing something with the input (i.e. reconstruct a story, draw a picture for instance).

1) インプット洪水を使った文法タスクは、文字あるいは口頭によるインプットを使うのが望ましい
2) 学習者が受けるインプットは、同じ形式、構造が何回も含まれるよう調整されたものでなければならない
3) インプット洪水は意味のあるもので、学習者がなにかそのインプットでえるようなものでなければならない(例えば、ストーリーを再構築したり、絵を描くといったようなことである)

Overall advantages for input flood are:
インプット洪水の長所は以下のようなことである:

1) Input flood material can be accommodated easily to any subject in which learners are interested;
2) The instructor can simply manipulate any materials so that this input contains many uses of a particular target form.

1) 教師は、どんなものでも操作し、このインプット洪水が目標形式の様々使い方に応用可能にすることである。
2) インプット洪水で扱われる項目は、他のトピックにも容易に利用可能で、かつ学習者にとって興味のあるものがよい