2.Processing Instruction
プロセシング インストラクション(「理解重視型指導」*)

*島田徳子・柴原智代(2005:61)より借用

Processing instruction is an input-based pedagogical intervention to grammar instruction. It is predicated on the theoretical model called Input processing (VanPatten 2004 , 2015; VanPatten and Jegerski 2010 ).

「理解重視型指導」(Processing Instruction)は、文法指導におけるインプットを重視した教育的な介入で、インプット理解処理(input processing)とも呼ばれています(VanPatten 2004 , 2015; VanPatten and Jegerski 2010 )。

Input processing is concerned with how learners initially perceive and process linguistic data in the language they hear or read. According to this model, learners make use of internal strategies (called principles in input processing theory) to understand the input to which they are exposed.

インプット理解処理(input processing)は、聞いたり読んだりする言語データを学習者はまず初めにどのようにそれをとらえ、理解するのかに注目します。

The input processing model makes two fundamental claims: learners are driven to discover meaning while attempting to understand; learners assign the role of subject to the first noun they encounter in the sentence.

インプット理解処理モデルは、二つの基本的な主張をしています。つまり、学習者は理解途中で、意味をとらえようとする、ということと、学習者は文の中で最初に現れる名詞を主語であると認識するということです。

VanPatten ( 2015) has identified two main processing strategies learners might use when they are exposed to language input. According to the Primacy of Meaning Principle, learners will first process input for meaning before they process the linguistic form. The result of this will be that learners will not make natural connections between forms in the input and their meanings (e.g. past tense forms and the concept that the action took place in the past).

VanPatten (2015)は、学習者が言語インプットを受けるとき、二つの主となる理解方略を使うと言っています。その一つ、「意味第一原理」(The Primacy of Meaning Principle)では、学習者はインプットの言語形式よりも前に理解処理をすることを突き止めました。この結果は、学習者がインプットの形式と意味のつながりを自然に理解するのではないことを示しました(例えば、過去形と過去に起こった動作の関係などです)。

According to the First Noun Principle, learners will tend to process the first noun or pronoun they encounter in a sentence as the subject or agent. The result of this will be that learners will misinterpret sentences in which the first element in a sentence is not the subject or agent (e.g. passive constructions).

「初めの名詞原理」(The First Noun Principle)では、学習者は見る文の中の初めの名詞あるいは代名詞が文の主語であると理解する傾向があります。その結果、本当は主語でないのに、文頭にあるからという理由で主語であると誤って解釈してしまうことがあるのです(例えば、受身形などです)。

Processing instruction aims at altering the processing strategies/principles ‘learners take to the task of comprehension and to encourage them to make better form-meaning connections than they would if left to their own devices’ (p. 60).

「理解重視型指導」(Processing Instruction)は、この学習者の理解方略/原理に対して注意を喚起する目的があります。学習者がタスクを通して理解し、形式と意味の関係をよりよく理解できるように、学習者が自分だけで考えることによって誤った解釈が生じないよう補助する目的があるのです。

Processing instruction is an input-based option to grammar instruction which guides L2 learners to focus on small parts/ features of the targeted language when they process the input. Processing instruction consists of two main components: explicit information and structured input practice.

「理解重視型指導」は文法指導におけるインプット重視の選択肢です。学習者がインプットを理解しようとするときに、目標言語形式の小さな部分に焦点を絞って誘導していきます。「理解重視型指導」には、二つのやり方があります。一つは情報提示(explicit information)、もう一つは、構造インプット練習(structured input practice)です。

Processing instruction-explicit information

The first component is the explicit information component. Learners are given explicit information about a linguistic structure or form. Forms or structures are presented one at a time; e.g. regular past forms, passive constructions. The information is used to alert L2 learners of possible processing problems.

「理解重視型指導」-情報提示

一つ目は、情報提示についてです。学習者は、言語形式や構造についてはっきりした(明示的な)情報を受けます。言語形式や構造がひとつずつ示されます-例えば、規則活用の過去形とか、受身形などです。この情報は、学習者に間違った理解の可能性がないよう注意を喚起します。

Processing instruction-structured-input activities

The second component is the (SI) practice component. After receiving explicit information, learners are pushed to process the form or structure through structured-input activities. In these activities the input is manipulated in particular ways to make learners become dependent on form and structure to discover meaning.

「理解重視型指導」―構文インプット練習

二つ目は構造インプット練習(SI=structured input practice)です。情報提示を受けたあと、学習者は、構造インプット活動で言語形式や構造を理解することが求められます。この活動を通して、インプットは学習者が意味を理解する上で形式と構造にも目を向けるよう操作されます。

VanPatten and Sanz (1995) produced the following guidelines for developing structured input activities:

VanPattenとSanz (1995) は、構造インプット練習のガイドラインとして以下のものをあげています。

1) Present one thing at a time (one form-meaning relationship at a time).
2) Keep meaning in focus.
3) Move from sentences to connected discourse (use both types in developing structured input tasks).
4) Use both oral and written input.
5) Have the learner do something with the input (e.g. determine whether they agree or disagree about the number of statements, but never produce sentences containing the target form).
6) Keep the learner’s processing strategies in mind (develop structured- input tasks only when a form or structure in a target language is affected by a processing problems).

1) 提示するのは一回に一つの項目とする(形式と意味の関係を一つに絞る)
2) 意味を重視する
3) 文レベルから談話レベルに(両方重視する)
4) 口頭および文字両方を使用する
5) 学習者がインプットを使って何かできるようにする(例:学習する文法形式を使って述べられた文について賛成か反対か答える、ただしそれを使って文を作ることはさせない)
6) 学習者の理解プロセスを尊重する(構文インプットは目標言語の形式や構文が学習者の理解に支障をきたしそうなときに使う)

Structured input tasks enhance form-meaning relationships and make one form more salient in the input. Despite the different options available to teach grammar, it must be emphasized that effective types of grammar instruction share a common and essential ingredient: input. Instructors should ensure that input is manipulated so to facilitate input processing and grammar acquisition. Learners should be encouraged to make accurate form-meaning mappings. Grammar tasks should focus on both form and meaning and grammar output-based practice should follow input-based practice. See below guidelines to develop structured input tasks: 

構造インプットタスクは形式-意味の関係を強調し、インプットの中で一つの形式をより際立たせる。文法の教え方はさまざまあるが、効果的な文法指導には、基本的な要素、すなわちインプットを中心に行うことが重要であることが強調されなければならない。教師は、インプットプロセスと文法習得がより容易に行えるようにインプットを操作する必要がある。学習者には、正確な形式-意味の関係を作れるよう促す。

Referential structure input tasks are those for which there is a right or wrong answer and for which the learner must rely on the targeted grammatical form to get meaning. Affective structured input tasks are those in which learners express an opinion, belief, or some other affective response and are engaged in processing information about the real world.

構造インプットタスクには参照構文型と、情動構文型の二つのタイプがある。参照構文インプットタスクは、正誤のどちらかの答えがある場合に、学習者が意味をつかむために目標とする文法形式に依存しなければならないときに有効である。情動構文インプットタスクは、学習者が自分の意見や考え、あるいは情緒的な応答を示すとき、そして現実世界の中で情報を処理するときに行うタスクである。以下、理解重視型指導 (Processing Instruction) の中の構造インプット活動型タスク、Task 2.1 参照構文型と、Task 2.2 情動構文型を紹介する。