Consciousness raising
言語理解高揚

Consciousness-raising Tasks enhancing the input through different techniques might be sufficient to help learners pay attention to the formal properties of a targeted language without the need for metalinguistic discussion.

「言語意識(高揚)」*タスクはさまざまなテクニックによりインプットを強化するので、学習者はメタ言語的な(文法の働きを説明して理解させる)議論なしに、目標言語の使用領域に注意を向けることに役立てられます。
*筑波大学(2009)『SLAに関する用語集』による

Rutherford and Sharwood-Smith (1988) coined the term consciousness raising to refer to external attempts to draw learners’ attention to the formal properties of a target language. The goal of consciousness raising is to make learners conscious of the rules that govern the use of particular language forms while also providing the opportunity to engage in meaningful interaction.

「言語意識(高揚)」(consciousness raising)は、Rutherford と Sharwood-Smith (1988)の造語で、学習者の目標言語の形式に対する意識を側面から高めることを意味します。言語意識高揚の意図は、学習者を意味のあることばのやりとりにかかわらせながら、その意識を言語規則に向けさせることにあります。

During consciousness-raising tasks learners develop explicit knowledge about how the target language works and are pushed to negotiate meaning. Explicit knowledge should help learners notice that form in subsequent communicative input, while negotiation of meaning (interaction) can expose learners to more comprehensible input.

言語意識高揚タスクでは、学習者は目標言語がどのような働きを持つかの明示的な知識を伸ばし、意味についても理解できるように促されます。明示的な知識は、学習者が意味のある(意味交渉を)通してコミュニカティブなインプットの中の形式に気付かせるのに役立ちます。

Raising consciousness about a particular form enables learners to notice it in communicative input. There is a clear distinction between traditional grammar instruction and consciousness raising. As noted by Ellis (1997) traditional instruction is production-based whereas the main aim of a consciousness-raising approach to grammar instruction is ‘to construct a conscious representation of the target feature and to this end any production of the feature will be strictly limited and incidental’ (p. 160).

言語形式に対する学習者の言語理解は、コミュニカティブなインプットを通して可能になります。伝統的な言語指導と言語理解高揚にははっきりした違いがあります。Ellis (1997)が述べているように、伝統的な言語指導は(言語形式の)産出が中心となりますが、言語理解高揚の文法指導の主要なアプローチは、「目標言語形式の理解を構築することがまず重要で、産出(学習者がその形式を使って文を作ったり言ったりすること)は制限され、(産出があったとしてもそれは)不随意的(偶発的)なものでなければならない」とします(p. 160)。

The most important of these differences is that in the consciousness-raising approach greater attention is paid to the form-meaning relationship while there is an attempt to situate grammatical structures and elements in questions within a broader discourse context. In the case of a consciousness-raising task L2 learners are provided with some language data and are required to provide an explicit representation of the target linguistic feature.

この二つのアプローチの違いで最も重要な点は、言語理解高揚アプローチが談話という大きな文脈の中で、形式と意味の関係を理解することを重要視していることです。言語理解高揚タスクでは学習者は言語データを提示され、それについて目標言語の特徴を理解したことをはっきりと示すことが求められます。

Consciousness raising (see Ellis 1991) is a pedagogical intervention where L2 learners are provided with L2 data in some form and are required to perform some operations (discover the rule) on or with it, the purpose of which is to arrive at an explicit understanding of some regularity in the data.

言語理解高揚 (Ellis 1991)は、L2(第二言語)のデータを提示された学習者が、何らかの形で規則を見つけられるようにする教育的な介入なのです。その目的は学習者がデータの規則性を見つけ、はっきりと理解したことを示すことです。

Consciousness-raising tasks should be designed with the following guidelines in mind:

言語理解タスクを行うには、以下のガイドラインを念頭に置いて下さい。

1) Identify a particular linguistic feature;
2) Provide learners with an activity in which they have to discover the rule of the target linguistic feature;
3) Provide learners with a production activity to enable them to show their awareness of the target linguistic feature.

1) 特徴をもった言語形式を設定する
2) 学習者に対し、上の言語形式のルール(規則)を見つけるような活動をさせる
3) 学習者に、目標言語形式の特徴についての気付きを示させるような産出活動をさせる

Consciousness-raising tasks need to meet the following requirements:

言語理解タスクをするには以下のことが必要です。

1) The task (oral and/or written data) should focus on a source of difficulty for second language learners;
2) The data provided is sufficient to enable learners to discover the rule (making a judgement, sorting out, completing);
3) The task requires minimal production on the part of the learner (personalization); and
4) There is an opportunity to apply the rule to construct a personal statement in order to promote its storage as explicit knowledge (providing further data).

1) タスクは口頭であれ書かせるものであれ、第2言語学習者にとって難しいと思われるものに焦点をあてる
2) 対象となるデータは、学習者が文法規則を見つけられるようなものにする(評価したり、識別したり、完成させたりするものである)
3) タスクは学習者にとって(個人レベルで)最低限の産出活動となるようにする
4) 学習者は自分の知識を示すために規則を使って自分の文を産出する機会も与えられる

Consciousness-raising tasks promote noticing, and help L2 learners to develop language analysis skills.

言語理解タスクは、学習者の気付きを促進させ、言語の分析力を高めます。