Output-based instruction
アウトプットを目指す指導

Input plays an essential role in second-language acquisition. However, input is not sufficient to develop the ability to use language in a communicative context.

インプットは第二言語習得に大きな役割をはたしています。しかしながら、インプットだけではコミュニカティブな(双方向的な)場面での言語使用能力の養成には不十分です。

The fact that learners incorporate structures and forms in their internal system does not mean they can have automatic access for speech production. Access is the ability to express a particular meaning by retrieving a particular form or structure (VanPatten 2003 ).

学習者が、自分の理解システムの中に文法構造と形式を組み込んだとしても、それが自動的に口頭産出活動に結び付くという意味にはなりません。それを利用するのは、形式や構文を取り出し意味に結び付けて表現するという能力です。

In traditional grammar instruction practice, L2 learners do not necessarily have to understand the stimulus (lack of meaning) and only one response is possible (mechanical practice). Mechanical practice does not make use of the same brain processes as those involved in accessing language during communicative language use.

伝統的な文法教育では、学習者は刺激を理解する必要はなく(つまり意味が無視されていて)、ただ一つの対応があれば十分でした(機械的な練習が行われました)。機械的な練習は、コミュニカティブな言語使用のために使うような脳のプロセスは必要としませんでした。

Can classroom output practice focusing on form also be practice that focuses on information exchange? Learners should understand the meaning of both the stimulus and their answer. There should be an exchange of unknown information. The range of learner responses is open as there is no single correct response.

言語形式に焦点をあてた教室活動の中での産出(output)活動は、情報交換の練習にもなるでしょうか?学習者は刺激と自分の答えの両方の意味を理解する必要があります。知らない情報を埋めるようなやり取りも必要でしょう。答えは一つだけとは限らないので、答えは広い幅があると言えます。