Structured output
構造産出

Structured-output tasks are an effective alternative to mechanical output practice. As stated by Lee and VanPatten (2003), structured output activities have two main characteristics:
1) They involve the exchange of previously unknown information; and
2) They require learners to access a particular form or structure in order to process meaning.

構造産出タスクは、(伝統的な学習法である)機械的な産出練習に代わる効果的な方法です。Lee と VanPatten (2003)が述べるように、構造産出練習は二つの特徴があります。
1) 今まで知らなかった情報を交換する。
2) 意味を理解するために、言語形式や構造の知識がいる。

The focus is on one form and one meaning, and learners must respond to the content of the output. Structured-output tasks should be designed with the following guidelines:

一つの形式と一つの意味だけに焦点を当てます。学習者は、産出(アウトプット)の内容に反応しなければなりません。構造産出タスクは次のガイドラインにそって作って下さい。

1) Present one thing at a time (one form/one function)
2) Keep meaning in focus (obtaining information)
3) Move from sentences to connected discourse (string sentences together)
4) Use both oral and written output (prepare questions and interview somebody)
5) Others must respond to the content of the output (the output created contains a message and someone must respond to the content of the message, e.g. comparing, taking notes, filling out a grid or chart, signing something, indicating agreement, responding).
6) The learner must have some knowledge of the form or structure (these activities should follow structured-input tasks).

1) 一つのことに絞る(一つの形式/一つの機能など)
2) 意味に焦点を当てる(情報を得る)
3) 文レベルから談話レベルに移る(文をつなげる)
4) 話す、書くの両方のアウトプットを使う(質問を用意したりインタビュー活動などを取り入れる)
5) アウトプットの内容に反応させる(アウトプットはメッセージ性を含み、だれかがメッセージの内容について反応する-例えば、メモを取り合うとか、表やますを埋める、合意や回答などのサインをする等)
6) 学習者は部分的に形式や構文についての知識を持つ(なぜなら、このタスクは産出を求めない構文インプットタスクのあとに行うタスクだからである)